Top > ボクシングの極意 > 軸を意識することは永遠のテーマです

軸を意識することは永遠のテーマです

他の人がどんな感覚でパンチを出しているのかは分かりませんが、
僕は、90%以上のケースで、相手の構えのスキを見つけて、
そこにピンポイントでパンチを当てに行っています。
強い選手やガードが異常に固い選手が相手となると、
フェイントに使う捨てパンチや、ガードを崩すための
ガード越しの強いパンチが必要になってきたりするんですが、
基本的には、有効打を当てに行くパンチばかりで、
それが連続することでコンビネーションが成り立っています。
他の人のスパーリングを見ていて、いつも思うのは、
相手の構えや相手との距離に関係なく、なんとなくパンチを
出しに行ってる人が多いってことです。
多分、どうしていいかわからないし、
とりあえず出しておこうっていう感覚やと思うんですが、
そういう感覚では、良いボクシングはできないと思います。
とりあえず感のあるパンチは、
何発連打しても全然当たらなかったり、
空振りのするケースが多いのだと思います。
基本はまず、しっかりとした目的を持ってパンチを出す。
パンチを当てに行くことです。
そのためには、
できる限り、予備動作をなくしてノーモーションで打つこと。
しっかり狙いを絞って、正確にコントロールする。
この2点がとても重要です。
言うまでもなく、シャドーボクシングから2点を意識する
必要があるんですが、なかなかこれができていないように思います。
スピードを意識していたり、構え方を意識していたり、
コンビネーションを意識していたりっていう選手は多いんですが、
まずは、しっかり軸を作って、軸をブラさずにシャドーすることが、
何よりも大切です。
この動作の確認が、重要視されていないように思います。
スタートラインボクシングジム(岸和田市)では、できるだけ、軸を
意識して、ノーモーションでパンチを打つことを指導して
いるんですが、これがなかなか浸透してくれません。
例えて言えば、
歩ける人に、普段から常に同じ歩幅を意識して歩けって言っても、
そんなこと、すぐに忘れてしまうのと同じような感覚なんやと思います。
それくらい、軸をブラさずにパンチを打つことって、
実は難しいことなんです。

鏡の前で、まったく軸を左右に揺らさずにシャドーしましょう。
毎日3ラウンド、1年間やり続けることができたら、
ほとんどノーモーションで打てるようになると思いますよ。

ボクシングの極意

関連エントリー
軸を意識することは永遠のテーマですテニス配信日本一のスポナビライブ軸を意識することは永遠のテーマです軸を意識することは永遠のテーマです軸を意識することは永遠のテーマですペットショップ < ブリーダーです。シトルリンDXが気になる認知症対策のサプリとしてはこれ